PR

ベルサイユのばらフェルゼン編2024雪組キャスト

宝塚雪組

2024年7月6日から『ベルサイユのばら』‐フェルゼン編-の大劇場公演がスタートします。

この作品は雪組トップの彩風咲奈さんの退団公演でもあります。

彩風さんは2013年の新人公演で主演に抜擢されました。

縁があるこの公演を退団公演と決めたのだと思います。

では、あらすじとフェルゼン編の歴代のキャストとの比較をしていこうと思います。

この記事でわかること

・ベルサイユのばら‐フェルゼン編‐のあらすじ

ーラストシーンの原作漫画との違い

・ベルサイユのばらの2006年星組と2024年雪組のキャスト

・2013年雪組『ベルサイユのばら』‐フェルゼン編‐のキャスト

・まとめ

ベルサイユのばら‐フェルゼン編‐のあらすじ

原作は漫画家の池田理代子さんの『ベルサイユのばら』です。

1974年の初演以来、累計観客動員数500万人を超える宝塚歌劇最大のヒット作として数々の伝説的な舞台を生み出してきた『ベルサイユのばら』。初演から50周年を迎える2024年、10年振りに宝塚大劇場の舞台に甦ります。少女漫画の歴史を塗り替え、時代や国境を越えて多くの人々から愛され続けるこの作品は、革命の火が燃え上がるフランスを舞台に、二組の恋人達の許されざる恋を描いた物語。宝塚歌劇ではこれまで様々なバージョンを上演して参りましたが、この度は「フェルゼン編」として、50周年の記念すべき年を飾る『ベルサイユのばら』の華麗なる世界をお届け致します。

宝塚HPより

1972年に少女誌マーガレットに連載された『ベルサイユのばら』にハマり夢中になって読みました。

そして1975年宝塚でベルサイユのばらが放映されます。

オスカルの安奈淳さんとアンドレの榛名由梨さん。安奈淳さんのオスカルが伏し目がちでたたずむ姿は池田理代子さんのアニメそのものでした。

あのオスカルが!TVに現れたんです!!狂喜乱舞しました。

バルサイユのばらといえば、宝塚で何度も上演されていますね。同じ池田理代子さんの原作でも演出により変化のある公演となっています。

フェルゼンとアントワネットが主演の作品は『フェルゼンとマリー・アントワネット編』『ベルサイユのばらIII』『フェルゼン編』があります。その中で演出が谷正純さんの作品は2001年宙組と2006年星組公演で、キャストが2006年に近いのであらすじとします。

オーストリア帝国ハプスブルク家の末娘マリー・アントワネットはフランス、ブルボン家の王太子ルイ(後のルイ16世)のもとへ輿入れする。
華やかな宮廷生活を送りながらも、アントワネットは孤独だった。
そんな中、アントワネットはオペラ座の仮面舞踏会で、スウェーデンの貴族フェルゼンと出会う。知的で凛々しく美しいフェルゼンとアントワネットは運命的な恋に落ちる。そしてまた、王妃付き近衛隊隊長を務める男装の麗人オスカルも、叶わぬ恋と知りながら、密かにフェルゼンに心を寄せるのだった。
フェルゼンとアントワネットは密かに逢瀬を重ね、お洒落で遊び好きなアントワネットの浪費振りは財政難に拍車をかけ、国庫は危機に陥っていた。
その上、王妃とフェルゼンの不倫の恋。民衆はアントワネットを憎悪し、各地で暴動を起こしていた。
オスカルは、アントワネットにフェルゼンをスウェーデンに帰すよう進言するが、アントワネットは、フェルゼンと離れることはできないと激しい恋心を吐露する。
アントワネットの後見人であるメルシー伯爵は、王妃の名誉を守る為にも別れてほしいとフェルゼンに懇願し、フェルゼンは断腸の思いで帰国を決意する。

幼い頃からオスカルだけを愛していたアンドレは、自分の気持ちを抑えつつ、フェルゼンを慕うオスカルを見守っていた。
 一方オスカルは、暴動が革命の様相を見せ始めたことから、近衛隊から衛兵隊に移りフランスをこの動乱から救おうとする。しかしその思いも虚しく、衛兵隊にパリ出動の命令が下る。
出動前夜、オスカルは、幼い頃より共に育ち自分を愛し続けてくれたアンドレの愛を受け入れる。


1789年7月14日、バスティーユ広場で、オスカルは民衆と共に戦う決意をする。しかしその戦いの中で、アンドレ共々、銃弾に倒れるのだった。
  スウェーデンに戻ったフェルゼンのもとを、近衛少佐ジェローデルが密かに訪れる。王宮の危機を聞かされたフェルゼンは愕然とするが、国王一家救出の為に再びフランスへ行くことを決意する。しかし、時既に遅く、アントワネットはコンシェルジュリーの牢獄に幽閉されていた。牢獄に忍び入るフェルゼン。思いがけない再会にアントワネットは嬉しさを噛み締めるが、フェルゼンの深い愛に感謝しながらも、フランスの王妃として立派に死ぬ覚悟であることを告げる。生涯かけて愛した女性が断頭台に向かう後姿を見送りながら、深い悲しみに耐え、フェルゼンは呟く。
「王妃様、あなたは私の胸の中にいつまでも生きています。あのベルサイユに咲く紅薔薇のように……」と。

宝塚HPより(2006年星組フェルゼンとマリー・アントワネット編)

ラストシーンの原作漫画との違い

原作漫画においては、コンシェルジュリー牢獄に移されたマリーアントワネットのもとにジャルジェ将軍が面会に訪れマリーに脱走計画を明かすが、「子供たちをおいて逃げるわけにはいかない」と拒否するシーンがあります。

しかしフェルゼンがコンシェルジュリー牢獄に極秘面会に訪れ、脱走を持ちかけるラストシーンは宝塚歌劇団の舞台作品におけるオリジナルです。

それは“主役の男女二人(フェルゼンとマリー)はラストシーンに必ず出番がある”という宝塚歌劇独特のしきたりです。

原作の池田理代子のベルサイユのばらをKindle版で読むには
フェルゼンとアントワネットの別れまでは第一巻の①~⑨までをお勧めします。

2015年花組『ベルサイユのばら‐フェルゼンとマリー・アントワネット』台湾公演

amazon primeに加入していればみることができます。

演出/谷正純

主演:フェルゼン/明日海りお、アントワネット/花乃まりあ、オスカル/柚香光、アンドレ/芹香斗亜

ベルサイユのばらオスカルとアンドレ

オスカルにピッタリの龍真咲、愛希れいか、明日海りお、紫門ゆりあが美しい!

2013年月組 オスカルとアンドレは役替わり、演出/鈴木圭

主演:オスカル/龍真咲、ロザリー/愛希れいか、アンドレ/明日海りお、フェルゼン/紫門ゆりあ

ベルサイユのばらの2006年星組と2024年雪組のキャスト

脚本・演出/植田紳爾さん、演出/谷正純さんです。

2006年の星組公演では、オスカル役を何故か?雪組と月組の男役スターの役替わりがあり、アンドレとベルナールは星組生の役替わりでした。

珍しいキャストです。オスカルをやらせたいスターを歌劇団が選んだら、雪組と月組になったのでしょうか?こういうキャストも他組を見ることができてファンにとっては楽しいかもしれませんね。

2024年はピンク一色のポスターが公開され、ベルばらのイメージそのもので素敵です。益々観劇意欲が湧きました。

フェルゼン、アントワネット、オスカルがこんなに美しい!

特にオスカルのあーさ(朝美殉)が美しすぎる!ワクワクが止まりません。

そして2024年雪組の新人公演のキャストが発表になりました。

104期の蒼波黎也さん、107期の白綺華さん、初主演、初ヒロインおめでとうございます。

蒼波黎也さんは研7なので長の期(新人公演に出演できる最後の期)ですね。

初ヒロインの白綺華さんは研4です。

105期の琴峰紗あらさんと108期の星沢ありささんは三役をこなします。

109期も4名抜擢で、結翔恋さんは二役ですね。

2006年星組 主な配役2006年星組2024年雪組
本公演本公演新人公演
フェルゼン湖月わたる彩風咲奈蒼波黎也
マリー・アントワネット白羽ゆり夢白あや白綺華
オスカル(月組)大空祐飛朝美殉紀城ゆりや
(月組)霧矢大夢
(雪組)朝海ひかる
(雪組)貴城けい
(雪組)水 夏希
アンドレ安蘭けい縣千華世京
ブイエ将軍汝鳥 伶悠真倫夢翔みわ
グスタフ3世夏美よう絢月晴斗
マリア・テレジア邦なつきなしなし
メルシー伯爵未沙のえる汝鳥伶霧乃あさと
モンゼット侯爵夫人出雲 綾万里柚美華純沙那
ルイ16世英真なおき奏乃はると希翠那音
ヨルゲン陸軍大将透真かずき風雅奏
カロンヌ夫人愛すみれ愛陽みち
アルマン桜路薫和奏樹
エストラゴン天月翼なし
ノワイエ夫人妃華ゆきの琴峰紗あら
ウラジミール叶ゆうりなし
シモーヌ万里柚美なしなし
ジャルジェ将軍にしき愛なしなし
べサンバール公爵夫人しのぶ紫なしなし
ランベスク子爵夫人朝峰ひかりなしなし
シッシーナ伯爵夫人高央りお杏野このみ麻花すわん
プロバンス伯爵紫蘭ますみ真那春人絢斗しおん
公安委員美稀千種なしなし
ベルナール立樹 遥華世京苑利香輝
カトリーヌ百花沙里希良々うみ愛空みなみ
ブリジット彩愛ひかるなしなし
ジェローデル涼 紫央諏訪さき律希奏
ロミー毬乃ゆい愛陽みち清羽美伶
シルビア涼乃かつき莉奈くるみ美影くらら
ナタリー星風エレナなしなし
デュガゾン青空弥ひろ久城あす水月胡蝶
ミレイユ琴まりえ有栖妃華星沢ありさ
公安委員祐穂さとるなしなし
村の男大真みらん紗蘭令愛彩名美希
公安委員美城れんなしなし
侍従長涼麻とも絢斗しおん結翔恋
村の男綺華れい風雅奏榊歩
アラン柚希礼音眞ノ宮るい風立にき
村の女南海まり琴峰紗あら愛陽みち
村の男天霧真世麻斗海伶月瀬 陽
村の女梅園紗千夢陽まり琴峰紗あら
女官長ジョセフィーヌ真白ふあり愛空みなみ星沢ありさ
村の女湖咲ひより瑞季せれな愛空みなみ
ロザリー陽月 華野々花ひまり音彩唯
ジャンヌ音彩唯瑞季せれな
村の男彩海早矢稀羽りんと藤影ゆら
村の女花愛瑞穂妃奈環琴華ひまわり
侍女華美ゆうか愛羽あやね紗香にいな
侍女麻花すわん琴峰紗あら
女官長音花ゆり美影くらら音綺みあ
ニコラス鶴美舞夕咲城けい
(二コラ)
海咲圭
(二コラ)
ジャン蒼波黎也瞳月りく
小公子麻尋しゅん紀城ゆりや結翔恋
ルネ
小公女妃咲せあら華純沙那愛空みなみ
アントワネット(少女時代)成花まりんなしなし
ルイ・シャルル
(アントワネットの次男)
如月 蓮聖海由侑
(シャルル)
なし
王子星沢ありさ清羽美伶
イヴ壮海はるま月瀬陽
小公女蒼乃夕妃白綺華星沢ありさ
マリー・テレーズ
(アントワネットの長女)
南風里音綺みあ
(王女)
祈菜さあや
(王女)

2013年雪組『ベルサイユのばら』‐フェルゼン編‐のキャスト

脚本・演出/植田紳爾さん、演出/鈴木圭さんでした。

新人公演で研7の彩風さんが主演に抜擢されました。

そして2024年はトップの彩風さんの退団公演になりました。

「記念すべき年に、宝塚の財産でもあり、諸先輩方が大切に受け継いでこられた『ベルサイユのばら』に挑戦させていただけることに、身の引き締まる思いです。また、新人公演時代に出合ったフェルゼン役を再び演じられることに幸せを感じております。宝塚歌劇の伝統を守りながら、今この時代ならではの舞台で、皆さまに愛とロマンをお届けできればと思います」彩風さんの挨拶がありました。

宝塚HPより

2024年8月1日18時よりの新人公演の初主演に104期の蒼波藜也(あおはれいや)さんが抜擢され、初ヒロインは107期の白綺華(しらきはな)さんが抜擢されました。

おめでとうございます。

白綺さんは研4ですね。107期は3名の初ヒロインが誕生!今後が楽しみです。

さて、2013年雪組公演で専科の汝鳥 伶さんはメルシー伯爵、2024年も同じ役です。汝鳥さんにしか演じられない重厚な役だからですね。

奏乃はるとさん、透真かずきさん、真那春人さん、久城あすさんも抜擢されています。

当時雪組だった月城かなとさん(現月組のトップ)も抜擢されています。

主な配役2013年雪組出演者2013年雪組新人公演
フェルゼン壮 一帆彩風 咲奈(研7)
マリー・アントワネット愛加 あゆ夢華 あみ
オスカル早霧 せいな煌羽 レオ
アンドレ未涼 亜希帆風 成海
メルシー伯爵汝鳥 伶桜路 薫
グスタフ三世2024年雪組 キャスト
モンゼット夫人2024年雪組 キャスト
ルイ16世(アントワネットの夫)磯野 千尋亜聖 樹
ブイエ将軍箙 かおる橘 幸
ヨルゲン陸軍大将2024年雪組 キャスト
シッシーナ夫人2024年雪組 キャスト
カロンヌ夫人2024年雪組 キャスト
ジャルジェ夫人(オスカルの母)梨花 ますみ舞園 るり
カトリーヌ麻樹 ゆめみ
ブリジッド舞咲 りん
プロバンス伯爵奏乃 はると天月 翼
ジェローデル夢乃 聖夏久城 あす
ロザリー早花 まこ星乃 あんり
ランベスク公爵/アルマン鳳翔 大真地 佑果
オルタンス大湖 せしる花瑛 ちほ
ロミー沙月 愛奈
ジェファソン蓮城 まこと
デュガゾン近衛兵香音 有希凰 いぶき大樹 りょう
エストラゴン2024年雪組 キャスト
ノワイエ夫人2024年雪組 キャスト
ウラジミール2024年雪組 キャスト
ミレーユ2024年雪組 キャスト
シャルル2024年雪組 キャスト
イヴ2024年雪組 キャスト
シルビア2024年雪組 キャスト
ジャン2024年雪組 キャスト
シャロン香綾 しずる悠斗 イリヤ
近衛兵農民朝風 れい和城 るな水月 牧
市民農民千風 カレン芽華 らら愛すみれ
ナタリー此花 いの莉
近衛兵透真 かずき水沙 瑠流
侍従長2024年雪組 キャスト
侍女2024年雪組 キャスト
ジャンヌ2024年雪組 キャスト
小公子2024年雪組 キャスト
マルグリート農民雛月 乙葉-妃桜 ほのり
ミュリエル農民白渚 すず-蒼井 美樹
近衛兵央雅 光希彩波 けいと
オーレリー市民透水 さらさ-寿春 花果
ベルナール彩凪 翔月城 かなと
小公女2024年雪組 キャスト
農民大澄 れい杏野 このみ
アデール女官長桃花 ひな-天舞音 さら
女官長2024年雪組 キャスト
ルネピエール真那 春人-大樹 りょう
農民笙乃 茅桜彩月 つくし
アラン彩風 咲奈永久輝 せあ
ロセロワ帆風 成海叶 ゆうり
ニコラスフランソワ久城 あす-和城 るな
ヴェール煌羽 レオ真條 まから
農民悠斗 イリヤ鳳華 はるな
農民月城 かなと白峰 ゆり
王子2024年雪組 キャスト
王女2024年雪組 キャスト
ソフィア夢華 あみ星南 のぞみ

2013年ベルサイユのばら‐フェルゼン編 星組のDVD

主演:フェルゼン/壮一帆、マリー・アントワネット/愛加あゆ、アンドレ/柚希礼音(星組)、オスカル/凰稀かなめ(宙組)

レンタル配信をamazon primeで見るなら

2013年雪組公演、演出/鈴木圭

 主演:壮一帆 愛加あゆ 早霧せいな 柚希礼音 凰稀かなめ

まとめ

2024年7月から大劇場で『ベルサイユのばら』‐フェルゼン編‐が上演されます。

あらすじとキャストを調べたら、『フェルゼンとマリー・アントワネット編』『ベルサイユのばらIII』『フェルゼン編』があり、その中で演出が谷正純さんの作品は2001年宙組と2006年星組公演でした。

発表された雪組のキャストは2006年星組と酷似していました。

フェルゼン編のあらすじは、アントワネットとフェルゼンの許されぬ恋と、フェルゼンに恋するオスカル、そのオスカルを愛するアンドレ。
オスカルは女性でありながら身分を隠し民衆と共に戦いますが、オスカルの事情を知りながらオスカルを心から愛するアンドレ、そしてお互いの愛を受け入れた後に二人は命を落とします。ベルサイユのばらはフランスの切ない愛と戦い(革命)の物語です。

そして雪組トップの彩風咲奈さんの退団公演でもあります。

彩風さんは2013年『ベルサイユのばら』‐フェルゼン編‐新人公演で主演に抜擢されています。

2度目の主演です。もちろん新人公演は研7までしか出演できません。

研18でトップになって演じるフェルゼンは原作に忠実なのか?今の彩風さんにしかできないフェルゼンなのか?とても楽しみです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ライブ配信視聴方法をお知らせします。

残念ながら劇場までは行けない方は千秋楽の配信をご覧ください。

配信の視聴方法はRakuten TV・U-Next・ Leminoのいずれかで申し込み後に視聴できます。

雪組公演 ベルサイユのばら‐フェルゼン編– ー彩風咲奈の退団公演

宝塚大劇場
日時:2024年8月11日(日)13:00公演 千秋楽[サヨナラショーあり]
販売期間:2024年8月4日(日)10:00~8月11日(日)13:30
視聴方法:「Rakuten TV」「U-NEXT」「Lemino」にて配信
視聴料:4,000円(税込)
いずれのサービスでも見逃し配信はありません。

【東京宝塚劇場公演】
日時:10月12日(土)15:30公演サヨナラショーあり
視聴方法:「Rakuten TV」「U-NEXT」「Lemino」にて配信
視聴料:3,500円(税込)
※詳細は追ってお知らせいたします。   

【東京宝塚劇場公演 千秋楽
日時:10月13日(日)13:30公演 千秋楽[サヨナラショーあり]
視聴方法:「Rakuten TV」「U-NEXT」「Lemino」にて配信
視聴料:4,000円(税込)
※詳細は追ってお知らせいたします。   

【東京宝塚劇場 新人公演
日時:9月12日(木)18:30開演
視聴方法:「Rakuten TV」「U-NEXT」「Lemino」にて配信
視聴料:2,500円(税込)
※詳細は追ってお知らせいたします。   

U-Nextは月額2189円ですが31日間は無料になります。

見放題作品は230,000本で無料マンガ8,000冊以上でポイントも貯められ最新映画のレンタルや漫画の購入に使用できます。

ベルサイユのばらのマンガもみられます。

ライブ配信視聴料は別途4,000円(税込み)必要です。

初回に600円分のポイントが貰えるので配信視聴料との相殺で実質3,400円で観られてお得です。

また、継続すると毎月1200ポイント付与されるので、最新の公演が実質2300円で観られます。

U-NEXTはこちらから

無料トライアル実施中!<U-NEXT>

U-NEXTの無料トライアルとポイントの使い方は

U-NEXTの無料トライアルとポイントの使い方や始める時期やスマホ登録

とりあえず一公演だけ観たい方は楽天TVが便利です。楽天のポイントも使用できます。

ライブ配信視聴料は別途3,500円(税込み)必要です。

dポイントが使えるLeminoでの視聴が可能です。

dアカウントを持っていたらLeminoが利用できます。専用アプリでの視聴となります。

ドコモの回線利用ではなくても大丈夫です。

Lemino プレミアム契約は月額使用料:990円(税込)で見放題です。

初回初月無料キャンペーンがあります。(31日経過後は自動継続となり、その月から月額料金がかかります)

ライブ配信視聴料は別途3,500円(税込み)必要です。詳細はホームページで確認してください。

Leminoはこちらから

 

コメント